イジメで自殺した16歳の娘の最期を父親がSNSで公開…父親の想いが辛すぎる…

イジメで自殺した16歳の娘の最期を父親がSNSで公開
父親の想いが辛すぎる…

自殺した娘の最期を父親がSNSで公開

世の人々に向けて娘の最期の写真を公開したのは
イギリス・チェシャー州ウォリントン在住のエイドリアン・ダービーシャーさん。

イジメをこの世からどうしても無くしたい、んな一心からであると言います。
引用:http://japan.techinsight.jp/2017/03/yokote2017031021234.html

愛娘のジュリアさんは2015年12月のある日、
イジメに耐え切れず、自宅で首を吊り自殺してしまいました。

アメリカでインターネットを通じたイジメに遭い、
14歳でイギリスに転居したがイジメは続き、
自傷行為や自殺を助長するネットグループにも参加していたそうです。

イギリスでは35歳未満の死因トップが自殺で
特に10代にしてうつ病と精神不安を発症する者の数が過去25年の間に70%も増加し、
その原因が職場、学校、ネット上でのイジメなのです・・・

こうしたことを背景に、
深い悲しみと苦しみの2年を経て父エイドリアンさんは
娘が18歳の誕生日を迎えるはずだった日に
生命維持装置を外す直前の姿をSNSで公開することを決断しました。

次ページへ続きます

関連記事