ハーフのミス日本が注目されにくい理由…ハーフへの偏見が酷すぎる……

ハーフのミス日本注目されにくい理由
ハーフへの偏見が酷すぎる……

ハーフのミス日本は注目されない?

ミスの敬称が示す通り
独身女性の美を競うイベントのミス・コンテスト

開催について賛否両論ありますが、
その是非をマスメディアではほとんど取り上げていません

■ミスユニバースジャパンの宮本エリアナさん

長崎県佐世保市の出身で日本人の母親とアフリカ系アメリカ人の父親を持つ。

ハーフとして初めて日本代表になった彼女は
「日本と世界から人種への偏見をなくしたい」と訴えている。

■ミス・ワールド日本代表の吉川プリアンカさん

インド人ハーフ。幼少期から海外へ行く機会が多くあり、
9歳の時にインドに一年間住んでいた。

海外メディアは競うように彼女のことを取材しているのですが、
日本ではハーフに対する日本社会の人種的な偏見があります。

さらに、

「ハーフをミス日本に選んでいいのかよ?」

「彼女が日本代表だなんて気分が悪いわ!」

などの中傷を浴びています。
外見でしか「日本人らしさ」を語れないと思っているところも、
日本人の底なしの浅はかさを見せつけられているようで悲しくなりますね。

ハーフへの偏見がある理由

続きを読む

関連記事