世界の地下住人の実態…漫画のような世界が現実に存在した…

世界の地下住人の実態…漫画のような世界が現実に存在した…

世界の地下住人の実態
漫画のような世界が現実に存在した…

世界の地下住人の実態

地下と聞くと帝愛地下王国の地下労働施設が思い浮かび、
そこでの生活は過酷です。

しかし、それは漫画だけの世界ではなく実際に存在するようです。
今回は世界の地下住民の実態を紹介します。

中国北京の地下住人

経済にしても高層ビルにしても目がくらむほど回転の早い中国の首都・北京。

しかし、地方から出てきた労働者にとって
平均的家賃が3000元も上回るこの都市での生活は生易しいものではありません。

低賃金の地方労働者の唯一の選択は
暗くジメジメとした地下室の部屋を借りることです。

90年代末、中国政府はいくつかの防空壕、地下トンネルを外に向け貸し出しを始めました。

これらの地下トンネルは改築されたあと、また賃貸部屋として貸し出す。

現在北京に5500の地下室があって、
いったい何人が居住しているのかは正確に知る人は一人もいません。

見込みではおよそ100万人はいると言われています。

元防空壕なので部屋は狭く地下なので日光は差しません。
部屋には電気はあるけれど水道、ガスもない。

洗面所兼炊事所は共同。
住民たちはこの狭いスペースで洗顔、歯磨きから炊事、洗濯、
体を洗うのもここで済ませなければならない。

トイレももちろん共同。
しかし、インターネット環境は整っています

次ページへ続きます

関連記事