【閲覧注意】ヤンキー「テメェ次の駅で降りろやシバいたるわ!」 オッサン「いいよじゃあ急所はナシで顔面がアリお互い素手で警察 はナシね」

夏の修羅場

高校時代、

自分は野球部で

夏休みの練習に行った

帰りのこと

電車の優先席を

タンクトップ+日焼け

+金髪ロンゲ+

ハ-パンという分かりやすい

ヤンキーが占領してた

当然、その周りには

皆避けるので空間が

できてて、自分も遠くに

移動した

ある駅で見るからに

登山帰りですって感じの

大荷物を持った

スキンヘッドのオッサン

(30ぐらい)が乗ってきて、

ヤンキーの前に立つ

ヤンキーは睨んだり

舌打ちしたりしてたんだけど

オッサンスルー
ヤンキー「ウッゼェ……」

オッサン「……」

ヤンキー「邪魔なんだよオッサン」

オッサン「……」

ヤンキー「無視してんじゃねーよ」

オッサン「……」

ヤンキー「なめてんのかオイ!」

オッサン「……なめてないよ」

ヤンキー「あ!?喧嘩うってんのか!?」

オッサン「うってないよ」

ヤンキー「調子乗ってんじゃネーゾ!?コラ!!」

オッサン「乗ってないよ」

ついにヤンキーが立ち上がり

おっさんの胸倉を掴む

ヤンキー「おいテメェマジ次の駅で

降りろや、マジブチギレたわ」

オッサン「いいよ」

ここで電車内の空気が一瞬止まった

次ページへ続きます

関連記事