【驚愕】19世紀初頭に「見世物小屋」で働いてた人達の衝撃画像

見世物小屋の人々


今から150年程前は世の中に「見世物小屋」というものがありました。

奇形に生まれた人達の一部は、見世物小屋やサーカスで働いていました。

当時は「サイドショー」という名前で呼ばれていた見世物小屋ですが、主にヨーロッパやアメリカで人気が爆発しました。

そんな当時の貴重な写真をご紹介させていただきたいと思います。

こちらが当時の「サイドショー」の入り口

『毛むくじゃらの少女』

『足が3本ある男性』

全ての足に神経が通い、動かす事が出来たといいます。

次ページへ続きます

関連記事