【閲覧注意】テレビ朝日のディレクターがアマゾンのシピボ族に騙され取り返しのつかないことに…

テレビ朝日のディレクターが異文化に触れるという名目でアマゾンのシピボ族に会いに行った際、現地民に騙されて取り返しのつかないことになってしまいます。

 

全ての発端となった問題のシーンはこちら。

果実ウィトを肌に塗ると美容にいいと聞いた友寄隆英ディレクター。

親切な現地民に感謝しながらウィトを塗りまくる。

しかし、この後、友寄隆英ディレクターにとんでもない災難が…

これは何も信じられなくなる…

なぜか全身真っ黒になっている友寄隆英ディレクター。

なんと…

ウィトは絶対に落ちない染料だった。

よくよく調べると「美容にいい」というのは現地民の冗談で、実はウィトは入れ墨にも使われる絶対にとれない染料だということが判明。

次ページへ続きます

関連記事