【凄い】ユダヤの格言がスゴイ!!しかもユダヤ人って3歳からこれ聞かされるらしい。

ユダヤ人の子供は、幼い頃から次のような格言を繰り返し聞かされる。

・もし、本と服を汚したら、まず本から拭きなさい

・学んだことを復習するのは、覚えるためではない。何回も復習するうちに、新しい発見があるからだ。

・100回復習するのと、101回復習するのとでは、その間に大きな違いがある。

・恥ずかしがる人は、よい生徒にはなれない。人はどん欲に学ばなければならない。

・もし、目の前に突然、天使が現れて「トラ(教典)」のすべての教えを瞬時に身につけさせようと言っても、私は断ろう。人にとって学ぶ過程こそ、結果よりも重要だからだ。人は努力を通じてのみ、報いられる。

 

商売の戒めには次のようなものがある。

・商人は安く買えるあらゆる商品を仕入れ、できるだけ早く小さなマージンで売れ。

・あなたの手にあり、他人が欲している商品を安く売るのは、ビジネスではない。
あなたの手になく、しかも他人が欲していないものを売るのがビジネスだ。

あなたがもっている物を、それを必要としている人に売るのはビジネスではない。
それでは安易すぎる。
あなたがもっていない物を、それを必要としない人に売るのがビジネスである。
ユダヤ人は、中世ヨーロッパで長い間圧迫され、正業につけなかったので、
ユダヤ人街の住人の多くはブローカーになった。ユダヤ人は、つくられた権威を常に疑う。
今日まで、世界の進歩を阻んできたものがあったとしたら、おそらくそれは権威であろう。
既成のものを疑う。いいかえれば、自由な精神を持つことである。
日本人は「1日8時間労働」や「時給いくらい」と考えるが、
ユダヤ人は「1秒いくら」で仕事している。
時給ではなく、秒給だ。退社時間になると、すぐに仕事をやめて帰っていく。
たとえ、あと数分できりのいいところで仕事が終わるとしても。つまり、ユダヤ人にとって、時間とはお金そのものなのだ。

もちろん、アポなしの訪問には異国の地から尋ねてきたとしても会うことはない。

次ページへ続きます

関連記事