大塚愛の劣化した現在…ヤバすぎる姿にファンが驚愕…

大塚愛が劣化?

現在、劣化したと騒がれている歌手の大塚愛。
カラオケでも大人気の「さくらんぼ」や「プラネタリウム」を
リリースしていた頃の可愛らしい大塚愛は
現在劣化して「大阪のおばちゃん」とまで言われるほどに。

それは2013年のこと。ネットで炎上するほどの大騒ぎでした。

まずはデビューした新鮮な大塚愛さんの写真をご紹介します。

大塚愛さんは「さくらんぼ」でブレイクしました。
その時のイメージがあまりに強烈だったので
その差、ギャップに大騒ぎしたようです。

その2013年当時の写真がコチラ!

結婚と出産でしばらく活動をセーブしていましたが、
ネットでは「顔がパンパン」「まるで綾戸智恵」など散々の評判でした。

大塚愛の現在

2013年ではイメージチェンジした大塚愛さんの姿が不評でした。
では2017年の現在はどの様な活躍ぶりでしょうか。

2017年は、1月12日スタートのドラマ「嫌われる勇気」で
大塚愛さんは主題歌の「私」を担当しています。

世間の反応は驚くほど冷ややかなようです。
大塚愛さんはポップで元気な女の子のイメージで売り出しました。
さらに、奇抜な曲名もあり、若者にカリスマ的な人気を得ていました。

しかし、出産を契機に34歳の今、過去のファンが離れています。
そのうえ、新たなファンを獲得できていないようです。

大塚愛さんは2017年が芸能界で生き残れるか正念場なのかもしれません。

劣化の原因は出産?

次ページへ続きます

関連記事