【衝撃】山中で車を発見。俺『お盛んだな~』→ と思ったら、排気口から後部座席の窓に向けてホースが!→ 駆けつけた消防隊員と恐る恐る中を確認した結果・・・・・・・

数年前の話。
オレはバイク乗りで、当時大学院の1年か2年だったと思う。
オレは、写真も趣味で、バイクに乗っては近隣ではあるが
綺麗な景色を眺めたり、写真に撮ったり、
星を眺めたりするのが好きだった。ってか、
今でも好きなわけだが。

数年前、オレはバイク仲間(Aとする)と、
K県某市の峠の側道?状になっているところに、
人が全然いなくて、
天気によっては星と月、夜景、富士山が見えるという
すばらしいロケーションがあって、
そこに行こうという話になった。

その場所に行くのは初めてではなく、
何度もいったことがある場所。

うまく説明できないのだが、
県道が峠になっていて、そこから支道に分かれ、
山の中ではあっても少し開けた場所になっているんだ。

ここが登山道の入り口?になっているらしくて、
ここまでなら人は普通に上がってくるし、
天体ショーなんかがあるときは
ここに車が十数台程度なら集まるような場所だ。

ただ、谷上になっていて、左右にさらに山があり、
空全体が開けているわけではない。

それで、俺たちの目的地は、
その開けた場所(便宜上駐車場としよう)ではなく、
その駐車場の左右の山のうち、片方は登山道、
もう片方が目的地だ。

そちらに、階段上になっていて、
さらに山に登ることができる。
ここからはもちろん徒歩だ。

そんで、5分ぐらいちょっとした傾斜の場所
(階段も整備されている)を登ると、
その先に木製のベンチとかがあって休めるようになっていて、
そこをもう少し山の稜線に沿って進むと、
そこが目的の場所。

空が全体的に開けており、地面が板状に整備されていて、
しかも山の斜面側は全部木が伐採されている関係で、
眼前に夜景と富士山が広がるんだ。
めちゃめちゃ贅沢な景色だと思う。

あとから聞くと、
パラグライダーの離陸点になっているらしく、
斜面に向けてまっさかさまに走り下りるように
板張りの台が形成されているが、
頂上付近も広くて水平なので、危険な場所ではない。
しかも、そこによる人がいることを見たことが無い。

そこに、問題の日以外にも何度も来て、
星の写真を撮ったり、カセットコンロを持ち込んで
紅茶やコーヒーを飲んだりするのが好きだったわけだ。

あ、当然山の中だから、駐車場も目的地も一切該当はなく、
自分たちで明かりをもっていかないと真っ暗な場所だ。

 

問題の日もAと待ち合わせして、
バイクで現地に向かったんだ。

駐車場につくと、
エスティマと商用のバンっぽいのが止まってて、
エスティマについてはエンジンがかかっている状態だった。

次ページへ続きます

関連記事