【良い話】赤ん坊を抱いて、橋から身投げしようしてる女性がいた。必死で説得するとその女性は彼女は、ずっと 「すみません、もう大丈夫です すみません、すみません」 と力無く言い続けて涙をこぼし始めた。

【ちと重い話だが・・・】夜中に赤ん坊を抱いたまま、橋から身投げしようとした女性を家に連れ帰ったが、明るい所で顔を見て俺はビビった。

 

ちと重い話だが・・・

俺は当時実家住みで、実家はものすごい僻地ってか山奥 
リアルに、隣の家が100m離れてるレベル 
勿論街灯なんかも殆ど無く、夜は真っ暗

ある冬の日、夜中にタバコ吸いつつ歩きながら近くの川がある橋へ 
するとぼんやり人影が

幽霊!?と驚きつつ、よく見たら生きてる人 
何かを抱きかかえて、橋から今にも身を乗り出し落ちていきそうだった

こんな夜中、しかも冬にと驚いて、 
「何してる!?」 
と大きい声を出してしまった

すると、その人影はよほどビックリしたのかビクッと小さく飛び上がって橋の手すりのそばで座り込んでしまった

走って近づくと、大きなストールを頭からすっぽりかぶった女の人だった 
手には、毛布にくるんだ赤ん坊が眠ってた

女の人は、顔はよく見えなかったがガタガタ震えてた 
後から分かるが、それは寒さのせいじゃなかった

俺は、ピンと来た 
多分だが、自殺だろうと

とりあえず、見てしまったし思わずだが声までかけてしまったので 
「あの・・・大丈夫ですか」 
と声をかけて手を伸ばした

すると女の人は、ヒッと小さく息を吸って身を引いておびえ始めたんだ 怯えてはいるけど、

見てしまった以上ほっとけなかった俺はとにかく大丈夫かと声をかけなかば強引に実家に連れて帰った

明るい場所に出て俺はびびった 
彼女、顔が痣だらけだったんだ 
ストールをすっぽりかぶってたのは、顔を隠すためだったんだろう

彼女は、ずっと 
「すみません、もう大丈夫です 
すみません、すみません」 
と力無く言い続けて涙をこぼし始めた

顔の痣、赤ん坊、こんな夜中にいるべき場所を飛び出して死のうとしていた・・・ 
いくら鈍い俺でも、だいたい察しがついた 
でも、かける言葉が見つからない

ただ涙を流してる彼女を、なだめるしか出来なかった

 

そうこうしてるうちに、うちの母親が起き出してきた

騒がしいから何事かと出てきたんだか、彼女と赤ん坊見て当然ビックリ

「ちょっとアンタ!どーしたの!!」

謝りながら逃げる様に出て行こうとする彼女を、母親と俺とで必死に止める 
特に母親は、赤ん坊が風邪をひいてしまうと説得した

泣くばかりで言葉が出ない彼女に代わり、俺が別室でさっきあったことを説明

母親は警察に届た方がいいのかな、と言ったところで彼女が今度はこちらの部屋に飛び出して来た

赤ん坊をそばに置き、警察や家族にだけは連絡しないで欲しい!と土下座された

「もう大丈夫、自分で帰れます 
すみません、夜分にご迷惑おかけしました 
有難う御座いました」

そんな言葉を繰り返して、また出て行こうとする彼女

俺はパニクって思わず、

「それ・・・旦那さんに? 
帰って本当に大丈夫なんですか?」

と、エラいストレートに聞いてしまった

彼女、目をまん丸くして俺を見た 
そして、

次ページへ続きます

関連記事