【海外の反応】「 日本人が現れた瞬間、戦地が停戦した」世界最強の傭兵を戦意喪失させ、日本軍の強さと優しさに敵兵までもが涙!とんでもない真実とは?

グルカ兵というのは、ネパール傭兵のことで、ヒマラヤ登山のシェルパにもその経験者が居るそうです。
兎に角、勇猛果敢であるとの定評が高いとか。

今回は、元グルカ兵が、先の大戦でイギリス軍の傭兵として、旧日本軍と戦った事を、述懐して証言していたので、紹介していきたいと思います。

戦争は悲惨であるが、戦いは歴史は万古不滅のドラマでもあります。
歴史はその中で織り成され、生まれ、あるいは消滅していったことも事実です。

グルカ兵は、イラク、アフガニスタンと繰り出され、今では、国連平和維持軍や各種警備兵として、傭兵の中核を占めていると言われています。
あのククリナイフで有名ですね。

世界最強の傭兵.jpg

さて、ここからが引用記事となります。

元グルカ兵(ネパール人)の証言

我々は世界最強の傭兵だ。
第二次大戦で英軍の傭兵の時、マレー軍を3時間で撃破した。
インド軍は1日で降参させた。

だが、日本の正規軍との戦いは過酷で一週間不眠不休で戦わされ、我々も半数以上が戦死した。
これだけの死闘は初めてで、勇敢な敵軍を尊敬したのはこの時だけだった。

玉砕した日本軍の所に行ってさらに驚いた。
日本軍は貧弱な武器なうえ食料も、わずかな米しかなく、日本軍の死体はみんなやせ細っていた。

戦友が死んだ時には泣かなかったが、敵である死んだ日本人を見て皆泣いた。

停戦の訳

次ページへ続きます

関連記事