ある日、帰りの電車で挙動不審の外国人を助けた。仲良くなり心を許すと、彼女の波乱万丈な過去が分かった。全てを受け入れて幸せになろうとした瞬間、、涙

ある日、帰りの電車で寝過ごした俺は近くに座る挙動不審の外国人を見つけた。

嫁「?」キョロキョロ

俺「あの、どうかしましたか?」

嫁「oh……」車内表示を指差し

俺「?」

嫁「△△?」

俺「あー……No,next stationは○○。終t……last stop」

嫁「え、マジで!?」

俺「日本語喋れたんかい」

ちょっと殺伐としてきたスレに嫁とのほのぼの邂逅を

 

当時、俺は塾講師をしてた
と言っても河合さんとか代々木さんみたいなでっかいのじゃなくてちっちゃな所だけどね
だから科目も英語以外(自慢じゃないが英語は評定3以上を取ったことがない)は全部教えるみたいな感じだったんだそんなんだから毎日クッタクタだったんだけど、その日は二週間に一回位のペースで来る眠気半端ない日で
電車内で思わず爆睡……そのまま降りる駅乗り過ごして、気がついたのは後2、3駅で終点って所だった

俺が乗ってた車両は、俺、後の嫁さん、おばあさんの三人だけだった
それで何ともなしに嫁さん見てたんだ、ぼーっとしたまま

終点の一個前でおばあさんが降りて車内は俺と嫁の二人になった

そこでさっきの会話があったんだ

 

嫁さんは、金髪だし目の色も薄いし見た感じ完璧な外国人
当然日本語なんて喋れないと思ってたら「え、マジで!?」だから、びっくりした
咄嗟に言ったみたいだったし、イントネーションも普通だったし
取り敢えず、英語がからっきしな俺は内心ホッとしてた俺「マジですよ。ほら」

嫁「おぅ……まいったな」

まいったなって……
あんまりにも自然に言うもんだからちょっと笑ってしまった

嫁「?この電車はもう△△行かない?」

俺「いや、反対側の電車に乗り換えれば」

嫁「……反対?」

俺「あー……実は俺も戻らなくちゃいけないから、案内しますよ」

そう言うと、初対面にも関わらず「案内?よろしくお願いです」ってニコニコしながら嫁さんはついて来た
俺も、寝起きで頭回ってなかったせいか、よく考えずに行動してた

でもって、反対側のホームに移動して電車に乗り込んだ

次ページへ続きます

関連記事