【海外の反応】いきなりステーキに行ったアメリカ人の反応www

【米国】「日本のいきなりステーキうめえwww」 賞賛の声相次ぐ

いきなり!ステーキは、日本の外食産業企業ペッパーフードサービスが運営する、ステーキ専門の飲食店チェーン。
640x640_rect_44478578
予約不要の立ち食いスタイルを特徴としており(2015年以降は一部店舗に事前予約可能な椅子席も導入している)、
平日ランチタイムを除いて、客が好みの肉の量を指定して店員がその場で切り分け、
これを焼き上げて提供する「オーダーカット」方式を採用している。
1g単位で価格が設定されており、ヒレステーキは200g以上、他のステーキは300g以上で注文する

立ち食い形式を取ることで回転率は極めて高く、

在店時間はランチタイム20分、ディナータイム30分程度とされている

 

wiki
「It was soft and juicy!(柔らかくてジューシーだったわ!)」
「I would definitely consider taking friends and family here in the future!(近いうちに必ず友人や家族を連れて来るわ)」
「This place is cool.(ここはかっこいい)」
これらは、立ち食いステーキ店「いきなり!ステーキ」に寄せられた評判だ。

立ち食いステーキ店「いきなり!ステーキ」がステーキの本場、米ニューヨークへの進出を果たしたのは現地時間2月23日。

「立ち食い」は、アメリカでは馴染まないから失敗するという声もあったが、蓋を開けてみればオープン日には多くの人が行列をつくった。

開店後の売り上げの推移は、銀座1号店にも勝るほどだったという。

進出から5カ月以上が経過した今も、1日に400人が訪れるようで、冒頭のような喜びや賞賛の声が口コミサイトなどで絶えない状況にある。

同店を運営するペッパーフードサービスは、米国での多店舗展開にも意欲的なようだ。
年内に10店舗の出店を計画しており、すでに2店舗・3店舗目はオープンする見通しが立っている状況という。
3年後にはナスダックへの上場準備に入りたいとの意向を示している。
フランチャイズ(FC)に対する問い合わせも増えているようで、全米でのFC展開の野望を隠さない

次ページへ続きます

関連記事