【知っていますか】火垂るの墓で99%の日本人が知らない衝撃事実…こんなことが…(ネタバレ注意)

『火垂るの墓』

(ほたるのはか)は、野坂昭如の短編小説。

野坂自身の戦争原体験を題材した作品である。

兵庫県神戸市と西宮市近郊を舞台に、戦火の下、

親を亡くした14歳の兄と4歳の妹が終戦前後の混乱の中を必死で生き抜こうとするが、

その思いも叶わずに栄養失調で悲劇的な死を迎えていく姿を描いた物語。

愛情と無情が交錯する中、

蛍のように儚く消えた二つの命の悲しみと鎮魂を、

独特の文体と世界観で表現している。

火垂るの墓の衝撃の事実をあなたは知っていましたか?

 

99%の日本人が知らない真相がこちら….

次ページへ続きます

関連記事