宇宙に打ち上げた小型カメラの2年後…映っていたのは感動的な映像だった(動画あり)

人類にとってまだまだ道の世界である宇宙。
まだまだ未知の部分はたくさんあるようです。

ブラックホールや小惑星が飛び交う、ただただ広くて無重力、
漫画やアニメでよく見るようなざっくりなイメージしか浮かびませんが
今回、宇宙を撮影した小型カメラの映像が話題となっています。

宇宙に打ち上げた小型カメラ

スタンフォード大学の学生たち
小型カメラや通信機器を取り付けた観測気球を飛ばしました。

しかし、打ち上げてから
1時間27分後の高度30kmに到達した時点で気球が破裂します。

カメラは落下し、
通信が届かない場所に落ちてしまいました。

カメラが行方不明になってしまって
彼らはこの貴重な映像を見ることができず
悔しい思いをしたことでしょう。

しかし、この気球に装着されたカメラが2年後に偶然発見されたのです。
場所は砂漠のど真ん中でした。

偶然通り掛かった女性がカメラを発見し
しかも、その女性が落下した通信機器の通信会社に勤めていたため、
持ち主を特定することができたのです。

そして、持ち主の元に戻ってきたカメラには
貴重な映像が残されていました。

2年後の奇跡

次ページへ続きます

関連記事