あなたの子どもはどんな環境で育っていますか? 子供が育つ環境の大切さを伝えた18の言葉『子は親の鏡』

「あなたの子どもはどんな環境で育っていますか?」子供が育つ環境の大切さを伝えた18の言葉にはっとさせられる!

子供が育つ環境の大切さを伝えた18の言葉

「両親が二階のトイレに貼ってた」とTwitterに投稿された1枚の張り紙。子どもから見ても考えさせられる内容が書かれています。

子どもは、で始まる18の言葉が書かれた詩。最後に「あなたの子どもはどんな環境で育っていますか?」と締めくくられています。

この詩はアメリカの在野の教育学者、ドロシー・ロー・ノルト博士が作った詩で、タイトルは『子は親の鏡』。一部言い回しが違うものが広く知られています。

『子は親の鏡』が収録されているのは1998年に刊行した『子どもが育つ魔法の言葉』。この本は22ヵ国語に翻訳され世界中で読まれミリオンセラーとなっています。

ドロシー・ロー・ノルト博士は2005年に亡くなっていますが、博士が残した言葉は今も色褪せることはありません。

子どもがどんな環境で育つかは親次第です。

「子どもは育てたいようには育たない。育てたようにしか育たない」

子を持つ親にはこの事実を忘れずに!

深い言葉です・・・

その張り紙がこちら!

次ページへ続きます

関連記事