【驚愕】台湾で道端に落ちている赤い封筒を絶対に拾ってはいけない…警察ですら拾わないその理由…

番組で紹介された台湾の不思議

世界のクレイジーなカルチャーを届ける番組で
面白いのが紹介されていました。

それが赤い封筒

見つけたら絶対に拾ってはいけません。
台湾の警察でも拾うことが出来ず困っているようです。

赤い封筒を絶対拾ってはいけない理由

台湾で道端に落ちている赤い封筒を若い男性が拾うと
草むらから人が飛び出し結婚式を求められる……

この奇妙な風習は一般的なガイドブックには載っていません
台湾に今も残る、死者と結婚させられる「冥婚」

この赤い封筒の中身は現金
そして、写真や大量の髪の毛なんです!

これは冥婚(めいこん)と呼ばれる風習
死者を弔う際、その魂がまだこの世にあるうちに、異性と婚礼を挙げさせ
夫婦としたのち死の世界(仏教で言うあの世など)に送り出すというもの。
現金は結納金と同じような意味合いがあり、写真や髪の毛は故人のモノになります。)

実際の冥婚の写真

人間の女性に見立てた花嫁人形と結婚式を挙げる男性

うっかり拾ってしまったとはいえ…
これは本当に取り返しがつきません。

なお、対象となる相手は基本的に未婚男性ですが、
ときに既婚男性や未婚女性の場合もあるとのこと。

冥婚を行う理由

次ページへ続きます

関連記事