世界最凶の猛毒ヘビ「ヒャッポダ」に人間が噛まれると…衝撃の画像がSNSで話題に…

世界最強の猛毒ヘビ「ヒャッポダ」に人間が噛まれると・・・

台湾や中国南東部などに生息するヒャッポダの特徴は
褐色のウロコに三角形の斑紋、そして上に向かって尖った頭部など。

大きな牙からは大量の毒が分泌され、
その毒性は世界最強ともいわれている。

2008年6月には中国・貴州省で野外作業中だった男性が
草むらから突然現れた全長約1mほどのヒャッポダに襲われ、右足を負傷。

すぐに応急処置が施されたが、病院への搬送中に息を引き取っている

もしも毒ヘビに遭遇した場合は決して近寄らず、刺激せず
その場から直ちに立ち去ることが何よりも大切である。

日本でも毒ヘビに噛まれる被害が・・・

次ページへ続きます

関連記事