【衝撃】色盲(色覚異常)の人が見る世界…これが現実…?

あなたは周囲の人と会話している時に
「色」について話しあったことはありますか?

会話している中で赤いと言われたものが
緑に見えたりされていませんか?

もしかしたらあなたが色盲(色覚異常)かもしれません!
今回はそんな色覚異常の人が見る世界を紹介します。

色盲(色覚異常)とは

色盲(色覚異常)とは実際の色とは違う色に
見えてしまう症状のことを言います。

10人に一人が色盲

「まさか自分が?」と思った方ほど疑ってみてください。
なぜなら実は10人に一人が色盲と言われているんです。

そしてより問題視されているのは
そのほとんどの人が自分が色盲であることに気づいていないのです。

また、色盲と呼ばれる症状があらわれるのは遺伝的なもので、
後天的に色盲になることはほとんどありません

1番最初に色盲に気づいた人

それはイギリスの化学者であり物理学者、
気象学者でもあったジョン・ドルトンでした。

彼は自分自身と親族の色覚を長年研究し
自らが先天色覚異常であることを発見したそうです。

1800年代には今と違いまだ信号がなかったそうで
色盲でもそれほど不自由が無かったそうです。

色盲の中でも珍しい全色覚異常

次ページへ続きます

関連記事