【涙腺崩壊】駅の改札に人が集まっていたので何事かと見てみたら盲目の子が立っていた。前の人が「邪魔なんだよ」とわざとぶつかり転ばせたので、助けてあげようとしたら・・・

俺 フツメン 現高2

 

今から三年前 俺がまだ中3だった頃の話 この前盲目の子を見つけて思い出したから書いてみる

 

俺は私立の学校に行っていた

だから毎日当たり前のように電車通学 その日も電車に乗って学校に向かっていた

 

学校に行くまでに一回電車を乗りかえる所がある

 

改札からでて少し歩くと乗り換え先の改札 その日は遅刻ギリギリだったので俺は走っていた

 

だがいつも空いてる改札がつまっている

 

原因は盲目らしき子が改札の前(俺側から見れば改札でた所)に立っていてそれを人が避けるように通るのでつまっていたという事だった

 

盲目の子は人がぶつかる度に謝っていた

通ろうとする奴はわざとでかい声で「邪魔だなー」とか「誰か駅員呼べよー」とか言っていた

 

ちなみにその駅には改札が二つあり俺がいる方は小さい方なので駅員はいない

 

 

俺は可哀想だが遅刻はしたくないからな…と思っていた

 

だが俺の前の人が「邪魔なんだよ!」と言ってわざとぶつかった

 

そのぶつかった奴の体はかなりデカくて 盲目の子は後ろに転んでしまった

 

さらに棒(盲目の人が持っている白と赤の棒)を離してしまい 謝りながら探している

 

俺は体が動かずにその前で立ち止まった

 

盲目の子はすぐに棒を見つけたがそのまま立とうとしない 小さい声で「すみません…すみません…」と言いながら泣いていた

 

俺は遅刻なんてどうでもいいか と思い 盲目の子に近づいて

 

俺「大丈夫ですか?」

 

と言うが

 

盲目の子「すみません…すみません…」

 

とずっと謝っていた

 

とりあえず盲目の子を立たせた だが泣いているせいなのか足がガクガクしていてすぐにでも倒れてしまいそうだった

 

俺は自分のカバンの取手を咥えて 盲目の子をおぶった

 

盲目の子「ひっ?」

と驚いた様だったが落ち着いたようで「すみませんでした…」

と言ってきた

 

俺「大丈夫ですよ 怪我とかしてませんか?」

 

と言って駅を出る 真ん前に公園があったのでそこのベンチに向かう

 

盲目の子「大丈夫です… あの…どこに向かってるんですか…?」

 

俺「そこの公園です とりあえずベンチにでも座ろうかと思いまして」

 

盲目の子「ありがとうございます…」

謝っていたばかりの彼女が初めてお礼を言った

 

彼女をベンチに座らせて 俺は自販機に水を買いに行った

俺「お水飲みますか?」

 

彼女「ありがとうございます 頂きます…」

 

水を半分くらい飲んで

彼女「ありがとうございます…あの…いくらでしたか?」

 

そう言って首に下げているサイフのチャックを開けはじめる

俺「俺が勝手に買っただけなんでいいですよ(笑)それよりお名前なんていうんですか?」

 

彼女「れいな(仮名)です やっぱりお金返しますよ…」

 

俺「いいですって!れいはさんっていうんですね なんであんなところに立ってたんですか?」

れいな「あそこ改札だったんですね 人の声がするまでわからなくて…」

 

俺「まぁしょうがないですよ!今からどっか行くとこですか?」

 

れいな「家に帰るところでした」

 

俺「こっからまた電車乗って帰るんですか?」

 

れいな「はい…」

 

時計を見るとすでに遅刻 今から学校行くのもめんどくさかったし

 

俺「もしよかったら一緒に行きましょうか?」

 

れいな「?いいですよ 迷惑かけると思いますし…」

 

俺「大丈夫ですよ 暇なので」

 

れいな「でも…」

 

俺「いいですって!行きましょ?」

 

れいな「じゃあ…お願いします…」

次ページへ続きます

関連記事