サッカー“なでしこ”崩壊の裏にイジメ 「先輩が怖い…行きたくない」と若手選手が泣き言、 澤引退でベテラン組がやりたい放題…

【内部告発】

なでしこジャパン特定の選手に想像を絶するイジメがあったことが発覚!!

 

イジメの内容が悲惨すぎて目を疑う・・・。

なでしこジャパン凋落の原因に「世代間で軋轢があった」。

そう話すサッカー関係者は少なくない。

 

なでしこは11年ドイツW杯優勝メンバーと代わり映えせず、

そのマンネリ感のツケが一気に噴出したとはよく言われるが、正確とは言えない。

 GK福元(32)、DF近賀(31)、DF岩清水(29)、MF宮間(31)、MF阪口(28)、FW大野(32)、FW大儀見(28=当時・永里)は、

08年北京五輪の主力メンバーだった。

昨年12月に引退したMF沢(37)も北京五輪に出場。

さらにバックアッパーとしてDF熊谷(25)、MF鮫島(28)も帯同している。

 08年1月、なでしこの指揮官に就任した佐々木監督(57)も含めて8年以上、

同じようなメンバーで熟成が図られ、それが11年W杯と12年五輪で結実した。

 

しかし、その後は世代交代が進まなかったことでチームの雰囲気はよどみ、それが今リオ五輪予選で噴出した。

もちろん佐々木監督自身、世代交代の必要性は感じていた。

14年秋のアジア大会、15年3月のポルトガル・アルガルベ杯でMF澤穂希を外し、若手や中堅を多く招集した。

ところがそこで、イジメともいえる光景があちこちで見られた。

 たとえば若手が練習後に報道陣に囲まれていると、

あるベテランが「調子に乗るなよぉ~」と嫌味を言ったり、

写真撮影に応じていると他の中堅が「偉くなったもんだ」と小バカにしたようなことを言う。

 ピッチ上でもそうだった。

ゲーム形式の練習で若手が好ポジションを取っても、ベテラン同士でパスを回すことが多く、

ゴールチャンスでシュートを外すとベテランFWが「(ゴール)枠に飛ばせよ」

と呆れた口調で言い放つ。

澤穂希が、ベテランと若手との間で潤滑油の役目を担っていたが、

その澤がいない大会でベテランたちはやりたい放題。

「精神的プレッシャーに耐えかね、一部選手が所属クラブ幹部に『なでしこに選ばれたくありません。先輩が怖い……』

と言い出して問題になったこともあるのです」(放送関係者)

次ページへ続きます

関連記事