天皇陛下は世界最強?ほとんどの日本人が知らない権威と海外での序列が話題に…

天皇陛下は世界最強?…
ほとんどの日本人が知らない権威と海外での序列が話題に…
天皇陛下の権威をご存知でしょうか。
今回は日本人の多くが知らない天皇陛下の真実を紹介します。

天皇陛下の権威と海外での序列

日本の天皇陛下の権威はローマ法王と並び、世界最強クラスです。
しかし、天皇陛下の権威を日本人は知らず、誤解されている部分も多くあります。

海外でもその権威は健在でエリザベス女王もアメリカ大統領よりも上の存在です。
世界で唯一「エンペラー」と呼ばれる存在
日本人がその権威を知らないのはおかしなことです。

「世界の王室が集まった時、天皇が最も上座に座る」と聞いた事がありますが、
それは天皇家の格によるものでしょうか?

その理由はこの2つです。

1.天皇家は世界で最も歴史のある王室であること
2.「King」よりも格上とされる「Emperor」であること

また、国際的序列は以下と言われています。

天皇陛下(Empror)≧ローマ法王(PoPe)
>英国女王(Queen)>アメリカ大統領など(President)>日本国首相(Premier)

ローマ法王と並び、世界のトップ2であるエリザベス女王でさえ
天皇陛下と同席する際は上座を譲り、
米国大統領も晩餐会では最高儀礼のホワイトタイで歓迎。

現役米国大統領も深々とお辞儀、
昭和天皇訪米時には空港・ホワイトハウスで史上例を見ない米5軍による観閲儀仗も行われた。

その他の国でも大歓迎される天皇陛下。

また、こんな話もあります。
来日した世界中の大使が天皇陛下のもとに自国の元首からの信任状を捧呈するために皇居に向かいます。

その際に、車で向かうか、馬車で向かうかを選択するが殆どの大使が馬車を選ぶという。

その理由は日本の天皇陛下に大使として信任状を捧呈する栄誉を限りなく名誉と感じているからです。

世界的地位の根拠となっている要素

次ページへ続きます

関連記事