一人っ子政策の中国では結婚できない男性が3400万人…深刻な社会問題で政府は打つ手なしだった…

一人っ子政策の中国では結婚できない男性が3400万人
深刻な社会問題で政府は打つ手なしだった…

一人っ子政策の深刻なツケ

中国が急激な人口増加を抑制するため
1979年から2015年まで施行していた「一人っ子政策」

しかし、それが原因で男女比率のバランスが崩れ、
結婚したくてもできない「光棍(こうこん)」と呼ばれる独身男性が急増し、
深刻な社会問題となっています。

一人っ子政策の導入は鄧小平の決断だった。

導入しなければ中国の人口は
今年で18億1000万人になっていた(現在13億7000万 人)

効果は歴然だが、招いたひずみは深刻で解消の道が見えない

結婚できない男性が3400万人

NHK衛星放送のBS1は
「ノーナレーション・ドキュメンタリーの世界『光棍児中国の結婚できない男たち』」
という番組を放送した。

それは今の中国で大きな社会問題となっている「光棍 = 独身男」の存在を取り上げたものである。

もちろん、「光棍」の存在は大きな社会問題として浮上してきたのは
彼ら自身が結婚したくないから結婚していないのではなく、
中国の人口構造に生じた深刻な歪み
彼らが結婚したくてもできない状況になっているからである。

番組の中でも中国社会科学院の報告を引用して指摘しているように
今の中国では人口構造における男女比率のバランスが大きく崩れ
男の人口数は女のそれを大きく上回っている。

それこそが、「光棍」を大量に生み出した最大の原因である。

国家統計局が発表した最新の人口統計の数字によれば、
2015年末の時点で中国の総人口において男性人口が70,414万人であるのに対し、
女性人口が67,048万であった。

簡単に計算すれば、
総人口において男人口は女人口より3,388万も多くなっており
男女人口のバランスが完全に崩れていることが分かる。

しかもここでいう「男は3,388万人が多い」というのは
あくまでもすべての年齢台を含めた総人口レベルの話であるが
年齢台別の人口比率となると実は1970年代、80年代、90年代の出生人口となると
男人口対女人口の比率にさらに大きな開きがあるはずである。

今の総人口における男女比率のアンバランスを生み出した最大の原因は
1970年代、80年代、90年代にわたって
中国政府が国策として推し進めた「一人っ子政策」にあったからである。

その約30年間、「一人っ子政策」が強制的に実行されていた中で
中国の総人口の6割、7割(当時)を占める広大な農村地域では一つの異変が起きた。

当時の農村では社会保障制度がまったくなく、
農民たちにとっての唯一の老後の保障はすなわち自分の子供である。

その際、成人すれば余所の家に嫁ぐ女の子は老後の保障にならないのは自明のことだから、
農民たちの誰もが女の子よりも男の子が欲しがる。

しかし「一人っ子政策」の中では「一太郎二姫」のように産むこともできない。

こうした中でどうしても男の子が欲しい
多くの農民たちが驚くべきほどの「対策」をとったのである。

一部の人々は生まれたばかりの女の子を死産と称してその場で処分してしまい、
多くの人々は出産の前に胎児が女の子だと分かるとそれを堕してしまうのである。

通常の男女比率は105対100で男性が5人多いだけですが、
一人っ子政策中の80年代では136対100で男性が36人も多いのです。

今後一体どれほどの男たちが結婚できないのかについて専門機関では
数十年間約3,400万人の男たちが一生結婚できないということです。

余剰男3400万人から発生する問題

次ページへ続きます

関連記事