美白ブームを巻き起こした美白の女王・鈴木その子の死因や息子の秘密が流出…

美白ブームを巻き起こした
美白の女王・鈴木その子の死因や息子の秘密が流出
1990年代後半に美白の女王として一世を風靡した
鈴木その子さん(享年68歳)。

鈴木その子さんと言えば
美白の女王、ダイエットの教祖などと親しまれていました。

印象的なのがこれでもかというくらいに白塗りされているお顔。
今回はそんな鈴木その子さん

鈴木その子さんのプロフィール

名前:鈴木その子(すずき そのこ)
本名:鈴木 荘能子(読み同じ)
生年月日:1932年1月20日
出身地:東京都
職業:美容研究家、料理研究家

1990年代後半に厚塗りの白化粧に美白ライトを当てて
バラエティ番組を中心に活躍し
多くのダイエットや美容に関する指導をしてきた彼女にはファンも多く、
料理研究家、美容研究家として活躍しました。

また、ブレイクしたその時既に60歳を過ぎていましたが

ブレイク前は高校を卒業されて
1953年に結婚をして一男一女を持つ平凡な主婦だったそうです。

若い頃は厚化粧じゃなかったようです。

その後、実父さんが亡くなり、譲り受けた遺産で
美容健康食品会社「株式会社トキノ」を設立。

会員制で鈴木その子式の健康食品を売る会社として成長したことや
1980年には「やせたい人は食べなさい」と言う著書がミリオンセラーしたこと
また、白米食を中心としたダイエット法の提唱者として
会社経営の他に各地で講演活動などもしていました。

美白化粧品なども販売や美容研究家としての活動も開始し、
ホテルニュージャパンなどの経営者として知られた
横井英樹氏の田園調布の豪邸を13億6000万円で購入するなどして
強烈なインパクトの美白顔の事業家として注目されていました。

当時の「トキノ」の年商は91億円もあったそうです。
(現在はトキノは株式会社SONOKOになっています)

さらに、ゴージャス過ぎる豪邸がテレビでもよく紹介され、
世間を驚かせていました。

人気絶頂だった鈴木その子さんでしたが、
2000年にいきなり亡くなられたと報道されました。

鈴木その子の死因

次ページへ続きます

関連記事