【なんというかすげぇ説得力w】高須クリニックの高須院長がレーシック手術を受けない理由…ぐうの音も出ない程正論だった…

高須クリニックの高須院長がレーシック手術を受けない理由
ぐうの音も出ない程正論だった…
高須院長の眼鏡はトレードマークの一つです。

目が悪い人にとって眼鏡って面倒なものです。

ゴルフのときに曇ったり・・・。
サングラスをかけられなかったり・・・。
眼鏡の上に3D眼鏡なんて滑稽です・・・。

コンタクトレンズに変えるのも面倒。
そこで、注目されているのがレーシック手術

レーシック手術はレーザーを角膜に照射することで
近視、遠視、乱視を矯正します。

眼鏡やコンタクトが不要になる生活は実に快適で
たちまち大人気となったこの手術。

値段は高めですが、効果もあると噂ですので
レーシック手術に興味を持っている方は多いのではないでしょうか。

そのような中、Twitterユーザー・迅 (@wangxun)さんは
美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(72)が
レーシック技術をやらない理由を疑問に思ったようです。

迅さんはすぐさま、ツイッターでつぶやきました。

「高須院長がレーシックやらない理由って何だったかな??? 」

この疑問について高須院長が答えてくれています。

高須院長は自身を実験台にし500回以上も整形を重ねたと言われています。
手術に対する抵抗は人よりも少ないはず。

なぜ、レーシックの手術をやらないのでしょうか?

次ページへ続きます

関連記事