北朝鮮の恐ろしい現実に絶句…脱北した少女のスピーチで恐ろしい衝撃の事実が発覚…

北朝鮮の恐ろしい現実に絶句
脱北した少女のスピーチで恐ろしい衝撃の事実が発覚…

北朝鮮の恐ろしい現実に絶句

北朝鮮出身の朴妍美(パク・ヨンミ)さんは壮絶な人生を辿ってきました。
その経験を告白しています。

北朝鮮でも中国でも「私は奴隷でした」とご自身の体験を語っています。

ソウルに住む朴妍美(パク・ヨンミ)さんは
中国の国境にちかい北朝鮮の恵山(ヘサン)で生まれました。

朴さん一家は「中国に行けば豊かな暮らしができる」との噂を聞き
朴妍美が13歳の時、
ブローカーを頼って国境の豆満江を渡り脱北をしました。

中国で待っていたのは金銭で売買される奴隷のような生活だったそうです。

北朝鮮の秘密警察の捜索におびえながら、
性的関係を強要されたりもしたそうです。

中国の暮らしは予想とは全く違いました。
モンゴルに死ぬことも恐れずに逃げて、
韓国政府に保護されて現在に至っています。

2014年にダブリンで
若者の国際会議「One Young World」が開催されました。

その席上で、涙ながらに告白をしています。
その時の動画が撮影されていました。

タイトルは
「北朝鮮から自由を求めて-One Young World」
となっています。

次ページへ続きます

関連記事