歴史から消された戦後の在日朝鮮人がやったこと…朝鮮進駐軍は卑劣極まりなかった…

歴史から消された戦後の在日朝鮮人がやったこと

在日朝鮮人達は国有地も、都心駅前一等地周辺も軒並み不法占拠しました。

各地の闇市も管理して略奪で得た物を販売したり、
禁止されている麻薬や密造酒を売って莫大な利益を得ていくのです。

しかし、GHQ(総司令部)は朝鮮人が「地外法権的地位にないこと」発表します。

「朝鮮人等は戦勝国民に非ず、第三国人なり」と言ったとか言われています。
それまではGHQが在日朝鮮人を治外法権を認めていたことになります。

1949年(昭和24年)GHQにより団体等規正令の暴力主義的団体として
「在日朝鮮人連盟」に解散を命じますが、
在日朝鮮人連盟は現在の在日本大韓民国民団や
在日本朝鮮人総連合会(総連・朝鮮総連)に
組織を変えて残っていきます。

武装した朝鮮人集団は農家や農協倉庫を襲い、
貨車を襲撃、商店街、国の食料倉庫も襲い、食料や商品を根こそぎ 奪って行きました。
当時は農耕機械が無いので農家は農耕用の牛を飼っていました。

朝鮮人達が夜中に牛を盗みに来て
自分たちで食べたり闇市で売りさばいたので
全国の牛がいなくなったというのは有名な話です。

警察も手が出ませんので正式な記録がありません

捕まえたり検挙したりすると
逆に警察署が襲撃されたり警官が殺されます。
全国各地で警察署襲撃事件が起きます。

日本人は武装した朝鮮人達に我慢して耐えるしかなかったのです。
そんな暴れ放題の在日朝鮮人集団に対抗したのが
任侠道のヤクザ達でした。

警察も手が出ない在日朝鮮人集団に腕力・暴力で対抗していきます。
その頃はヤクザは自衛団として国民的な地位を得ていくのです。

警察もヤクザの手を借りないと治安を保てない状況が生まれていき、
持ちつ持たれつの関係が始まります。

そしてヤクザは暴力団として成長して行きますが、
戦後の在日朝鮮人集団との対決が無くなってしまい、
暴力団の中で在日朝鮮人の存在が大きくなっていきます。
引用:http://cahotjapan.blog103.fc2.com/blog-entry-672.html

在日朝鮮人が日本を陰で操る存在に

次ページへ続きます

関連記事