【※前世診断】あなたの先祖の職業は何?名字から分かる「貴族」だった人たちがコチラ

名字で先祖の職業が分かる?

名字と貴族の関係とは?

あなたの先祖は貴族だったかもしれない・・・

公家の名字一覧がコチラ

朝廷に仕えた公家の名字一覧とは

かつて朝廷に仕えた貴族の中でもトップクラスの家柄であった堂上家は、天皇の生活の場である御所の清涼殿に昇殿を許された上級公家です。


出典:chiebukuro.yahoo.co.jp

※堂上家とは

公家(くげ)の家格の一つで,昇殿(しょうでん)を許された家柄の総称。〈どうしょうけ〉とも読む。昇殿は清涼殿南廂(みなみびさし)の殿上(てんじょう)の間に昇ることで,摂家(せっけ)・清華家(せいがけ)・大臣家(だいじんけ)や,羽林家(うりんけ)・名家(めいか)などがあり,江戸時代には元服(げんぷく)のとき昇殿を許されるのを例としていた。

出典:kotobank.jp

その堂上家の家格リストがネット上に公開されています。そこに名字が記載されていることから現代人が同じ名前をそこに見つければ、もしかしてご先祖?何かしら由来があるのでは?と夢を見たくなるのも無理有りません。

■家格リストがコチラ

出典:static.curazy.com

※さらに詳細が載っている一覧はコチラ

名字は表向きは江戸時代は武士、貴族以外は名乗ることが許されず、明治3年以降広く一般庶民も名乗ることを許されたと言われていますが、実際は自分の身内と他人を区別するための符号として名字が使われていた場合もあったようです。

そんな名字ですが、堂上家の一覧に載っている名前に自分の名字が見つかれば、ちょっと嬉しくなりませんか?もしかして自分のルーツは貴族に繋がるのか?なんて想像すると誇らしくなったりします( ´∀` )

この一覧には歴史の中でしか知らない政治家の名前もちらほら見かけます。堂上家とは6つの階級に分けられた公家の総称であり、国政を司る最高幹部である公卿になれるのも堂上家出身者の限られていました。

6階級の公家とは

次ページへ続きます

関連記事