【どっちもどっち】山口敬之氏に性犯罪被害を受けたと訴えていた詩織さんの現在…結局こうなったか…

山口敬之氏に性犯罪被害を受けたと訴えていた詩織さんの現在
結局こうなったか…


元TBS記者の男性ジャーナリスト(51)から
「性犯罪被害を受けた」と訴えていたジャーナリストの詩織さん(28)が
東京第六検察審査会の「不起訴相当」判断を受け、
代理人弁護士を通じてコメントを発表した。

全文は以下の通り(原文ママ)。

検察審査会の議決までにはもう少し時間がかかるものとうかがっていたので、
本日この結果を知り驚きました。

私たちが集め直した証言や証拠が
「不起訴処分を覆すに足る事由がない」と判断されたことについて、
なぜそうなったのかしっかり説明して頂きたかったと思います。

今回の結果にかかわらず、
私が会見を行った理由である性犯罪・性暴力に関する司法・捜査のシステム、
また社会の在り方を変える必要性については
引き続き伝えていきたいと考えています。

3年後の刑法改正見直しまでに少しでも改善されるよう願っています。

引用:http://www.asahi.com/articles/ASK9Q73D8K9QUTIL06P.html

事件の詳細

事件が起こったのは2015年4月でした。

詩織さんは山口敬之さんとご飯を食べた後に意識を失い
気づいたら暴行されていたという酷い内容です。

山口氏に暴行されたと訴えるのは
海外などでジャーナリスト活動を行う詩織さん。

山口氏とは就職先を探す過程で2013年に知り合った。
事件が起きたのは15年の4月3日。
山口氏と2人で東京・恵比寿の飲食店に入ったあと、
途中から記憶を失ったという。

「私は薬(デートドラッグ)を入れられたんだと思っています。
身体に痛みを感じて目覚めた時、あの人が身体の上に乗っている状態でした」

詩織さんはそもそもお酒が強いことや
今までお酒を飲んで意識を失う事もなかったため、
「薬」を入れられたとする疑いもあげていました。

ちなみに事件が起こったホテルに行くまでの道中に
乗ったタクシー運転手の証言もあります。

運転手は詩織さんがタクシーに「自力で歩いて乗り込んでいた」と証言。
証言によると、タクシーをホテルに向かわせようとする山口氏に対し、
詩織さんは当初、何度も「駅で降ろしてください」と話していたが、
その後、ホテルに行く同意はないまま詩織さんが静かになり、
ホテルで降りる時には自力で動けず、
山口氏が詩織さんを抱えて降りたという。

事件後のやりとり

次ページへ続きます

関連記事