【緊急警告】親指と小指くっつけて手首にコレ出る人ガチでヤバいゾ・・・⇒驚愕の事実とは!?

親指と小指くっつけたとき腱が出てこない人もいる!

腕を机などの平らな場所におき、親指と小指をくっつけて、手首を見てみてください。2本の“腱”が浮き出てきましたか? 実は浮き出てこない人もいます。

下の画像では、左が浮き出てるひと、右が浮き出てない人です。


出典:Youtube

この腱は『長掌筋(ちょうしょうきん)』と呼ばれる筋肉で、手関節の掌屈(手首を曲げる)役割がありますが、それほど強い力を発揮することが無く、この筋肉が無い人もいるのです。

出典:wikimedia.org

日本人の約5%、白人では約20%位の人がこの筋肉が無いそうです。無くても困らないのは、この筋肉の周辺にある橈側手根屈筋などが役割をちゃんと果たしてくれるから。

人間には「退化器官」と呼ばれる、今はあまり使われなくなり殆ど用をなさない器官が残されています。一番有名なのは尻尾の骨。人間に尻尾はありませんが、骨はまだ残されています。
他には耳を動かす「耳介筋(じかいきん)」。10種以上もの耳介筋を持っている動物もいますが、人間では「前耳介筋」「上耳介筋」「後耳介筋」の3筋がわずかに認められる程度。それも器用に動かせる人は皆無です。

次ページへ続きます

関連記事