【衝撃の実話】私の家は貧乏で父はパチンコ狂いで酒乱だった。母親は・・・

私は凄く貧しい家に生まれた。平成の時代だと言うのに、テレビさえない時もあった。

 

簡単に想像できる、誰もが口々に言う貧乏を集結させたのが我が家だった。

貧乏を脱出するには教育だと、母は私を身分不相応に塾へ行かせた。

 

父は笑っちゃうほど貧乏にありがちのパチンコ狂いで酒乱だった

 

特に負けた日は、小学生が勉強をしているのが生意気だと理由をこじつけては私を殴った。

 

父の母親であり、私の祖母は、一人息子が孫を殴る姿に「立派になって」と喜んだ。

 

そうやって、肯定ばかりされ、ひたすら甘やかされて育てられた父は、すぐに仕事を辞めてしまう。

 

そんな父に代わって、母は朝は新聞配達と夕方はレジ打ちとほとんど家に居ず、働いていた。

 

母が帰ってくるのが待ち遠しかった。

 

帰ってくると、私の布団に入ってくる。私は嘘寝して母を布団の中で待った。

 

「いい子だね」と必ず頭を撫でてくれて、くすぐったい気持ちになるこの瞬間が、1日で一番幸せだったからだ。

 

時々、母を喜ばせたくて内職のゴム人形の色付けをした。しかしこれは母を怒らせてしまった。

 

「ばっか!!なんで勉強しないでこんな事したんだ!!」

 

「こんな田舎から出て東京行ってと言ってるべ!!」と。

 

そんな母を一番喜ばせる出来事が起きた。中学生になった私は、片道2時間の小さな田舎学校だけど学期末テストで学年3位になった。

 

母が踊るように喜ぶので本腰を入れて毎日勉強をした。行き帰りのバスの中でも勉強をした。

 

そして中学3年生になると、私は先生に東京の高校で寮があり、特待生になりたいと進路希望を伝えた。

 

私の希望と言うよりは、母の強い希望でもある。そして家の経済状況を知っていた先生は

 

「学力は水準に達してる申し分ない。けど推薦を取るには押しが足りない。

 

英語のスピーチコンクールに出てみようか」など、私の力強い見方になってくれた。

 

そして中学3年生の一学期の学期末でとうとう学年1位になった。

次ページへ続きます

関連記事