日本人と中国人にテーブルを拭くように指示すると…民族性の違いが話題に…

日本人と中国人にテーブルを拭くように指示すると…民族性の違いが話題に…

もし1人の日本人に毎日テーブルを6回拭かせる
日本人は・・・もし中国人にやらせたら・・・」

どうなるかは、わかりますね。

ハイアール総裁・張瑞敏さんが
中日両国の民族の真剣精神を比較した時にこう言いました。

「もし1人の日本人に毎日テーブルを6回拭かせると、
日本人は指示通りにやります。毎日6回拭きます
もし中国人にやらせたら、たぶん初めの日は6回拭く
2日目は6回拭くかもしれない。3日目になると、5回、4回、3回拭くかもしれません。
そして最後にはうやむやのうちに終わらせる。」

ネットでの反応

・確か何年か前にジャッキー・チェンが「中国人は誰かに管理されていたほうがいい。」
といったような事を言ってバッシングを受けていたが
ジャッキー・チェンの言ってたことは正しいようだねww

・自発的自律的に行動するか、外圧により他律的に行動するのか、
この違いを理解できるか、否か、そこで雲泥の差が生じるのさ。
同じ「テーブルを拭く」という作業でも、自発自律でやると創意工夫が生まれる。
創意工夫が次の付加価値を生む。毎日、生真面目にテーブル拭きをしていると
ふと拭き掃除にとても役立つ便利グッズを考案するヒントを見つけたりするんだよ。
自ら進んでやり遂げることで、予期せぬ可能性が啓けるものだよ。

・言われたことも出来ないのは三流
言われたことを上手に出来て漸く二流
中国人が一流になることは永遠にない

・中国人に6回拭かせたかったら、20回拭けと言えばいいだけだ。

・結局、民族性が違うっていうことだよ。

関連記事