【創業者たちのプライド】意外と知られてない社名の由来…社名に込められた創業者たちの想いとは… 意外と知られてない社名の由来…

意外と知られてない社名の由来
社名に込められた創業者たちの想いとは…

普段何気なく目や耳にしている会社名。

大企業であればあるほどその機会も多いですよね。

でも、一体なぜその名がつけられたのか由来をご存知でしょうか。

登録の際に書き間違えた……
2つ以上の言葉の頭文字をとった…
格言や故事から引用した……

など、由来はさまざま。
今回はそんな社名に込められた創業者たちの想いを紹介します。

社名に込められた創業者たちの想い

DHC

美容・健康関連企業の「DHC」は
「大学翻訳センター」の略であり
Daigaku Honyaku Center を略したもの。

サプリメントとかヘルシーとか
コスメなどのキーワードから想像もつかない由来である。

1972年に大学の翻訳業としてスタートし、事業を拡大させ
現在に至るといわれている。

ちなみにヘリコプターやラジオの事業などもしていたという。

ダスキン

ホコリを英語に訳した『dust(ダスト)』の『ダス』
創業当時に主流だった掃除道具『ぞうきん』の『きん』
この『ダス』と『きん』を合成し『ダスキン』となりました。

もともと掃除が大好きでどうにかして人の役に立ちたい!
と常日頃から思っていた創業者。

当初は「株式会社ぞうきん」という社名にしたらどうかという提案も
創業者の鈴木清一から出たといわれるが、
社員の「人に言いにくい」「嫁が来ない」などの反対により、この社名になった。

湖池屋

湖池屋の創業者である小池和夫の出身地は長野県で
近くに大きな湖(諏訪湖)がありました。

会社を設立した際、出身地にあった湖のように大きな会社に成長させたいという願いを込めて、
小池の『小』を『湖』にかえ、湖池屋という社名にしたようです。

映画『君の名は。』のモチーフにもなっているというあの諏訪湖から来ています。

カルビー

人間が生きていくうえで大切な栄養素である
カルシウムの「カル」とビタミンB1 の「ビー」
組み合わせたもの。

創業時、カルシウムとビタミンB群が日本人に不足していることを知り、
健康に役立つ商品作りをめざして名づけられました。

健康に役立ちたいという思いが込められているそうです。

楽天

織田信長が行った経済政策の「楽市楽座」の「楽」
「楽天的」の「天」を組み合わせたのが由来。

さまざまな商品・サービスが活発に取引される場である
「楽市楽座(らくいちらくざ)」に
明るく前向きな「楽天」のイメージを合わせることにより
「楽天市場」という名前が生まれた。

NIKE(ナイキ)

NIKE(ナイキ)の由来はギリシア神話に登場する
勝利の女神「ニーケー」から来ているそうです。

ちなみにロゴマークのスウッシュは
この女神の彫像についている翼がモチーフになっているそうです。

adidas(アディダス)

アディダスの創始者であるアドルフ・ダスラーの名前に由来しているそうです。
アドルフはアディという愛称で呼ばれていたそうで、
そこにダスラーをつなげたとのこと。

Coca-Cola(コカ・コーラ)

次ページへ続きます

関連記事