ドラマ・金八先生が地上波で再放送されない理由…日教組による反日ドラマだったという闇が発覚…

3年B組金八先生とは

3年B組金八先生は1979年(昭和54年)から
2011年(平成23年)までの32年間にわたって、
TBS系で断続的に制作・放送されたテレビドラマシリーズ

日本の学園ドラマの金字塔と称される作品です。

ドラマ『金八先生』が再放送されない理由

国民的学園ドラマとして人気を博した『3年B組金八先生』。

そんな名作ドラマの過去作がなかなか再放送されない理由がありました。
それは日教組による反日思想の刷り込みのためのドラマだったことが発覚したからです。

3年B組金八先生は1979年から2011年までに全8シリーズが制作・放送されていました。

武田鉄矢演じる中学教師の坂本金八が
教え子の悩みに体当たりで応える感動物語だが、
気になるのは随所に登場した「反日思想」

最たるものは1982年10月放送のスペシャル版「贈る言葉」である。

視聴率33%を記録したこのスペシャル版では
桜中学を卒業した教え子が同窓会を計画するのだが、
物語の最中、弥市という体格の良い男子生徒が
「高校を出たら自衛官になりたい」と口にすると
和やかなドラマの様相が急転。おどろおどろしい音楽が流れ、
顔面蒼白の金八先生が「弥市が自衛隊……」とうめく。

その後、多くの登場人物が自衛隊を「攻撃」するこんなセリフを次々と呟く。

〈自衛隊と言っているけど、ありゃ軍隊だろ。
軍隊なんてものは、戦争するためにあるんだろ〉

〈私、やだ。弥市に鉄砲、持たせるなんてこと。
自衛隊の練習、ほらテレビで見たでしょう。あれはまるで戦争よ〉

当時、日教組の強かった学校現場では
確かに「反自衛隊」の風潮があった。

次ページへ続きます

関連記事