持病に苦しでいる女子高生が優先席に座った結果、老人が激怒…「お前の座るところじゃない!」

今回のお話は持病で苦しんでいた女子高生のお話し。

その女子高生はバスの優先席に座っていたところ、
老人に激怒されたという。

その激怒された理由が話題となっています。

持病に苦しでいる女子高生が優先席で老人に激怒

優先席に座っていた女子高生は脳脊髄液減少症という持病を持っていた。

脳脊髄液減少症とは頭頂部の脳脊髄液(のうせきずいえき)が漏出することで、
激しい頭痛や目まい、耳鳴りや倦怠感といった症状を引き起こす。
2000年頃に提唱され、現在は治療法の研究が進められています。

その日は家で休んだ後、痛む頭を押さえて女子高生は
バスに乗って学校に向かうことにしました。

午後ということで、バスの中は比較的空いていたそうです。

誰も座っていないし、体調も悪いから、今日は優先席に座ろう

そう思い、女子高生は優先席に座りました。

しかし、次のバス停で乗ってきた老人はそんな彼女の姿を見て近寄ってきました。
そして、耳元でこう叫んだのです。

「ここは、お前ら学生が座るところと違うっ!」

涙をこらえながら酷い頭痛に耐えていた女子高生。

そんな中、見知らぬ人に耳元で怒鳴られ、
あまりの出来事に視界が真っ白になるように感じたようです。

確かに、学生が優先席に座るのは、はたから見るとおかしいかもしれません。
でも、誰も座っていない優先席に座って大声で怒鳴られて…本当につらかったです。

「こんな人もいるよ。こんなこともあるよ」ということが、
少しでも伝わればいいなと思い、投稿しました。

外見でわからないだけでその人には事情があるかもしれない。

その可能性を考えてほしいと
女子高生はこの出来事についてTwitterに投稿しました。

優先席に若者が座ってはいけないのか?

次ページへ続きます

関連記事