【お店選びは超重要!!】行ってはいけないパチンコ屋の特徴…この日に行ったらヤバい…

全国に約1万1000あるパチンコ店。

趣味がパチンコという人もいるかもしれないが、
ギャンブルなのでハマり過ぎるのは危険です。

パチンコ屋も商売なのでなかなか勝てるパターンの設定になっていません。

SNSでは警告の意味を込めて
「行ってはいけないパチンコ屋の特徴」がまとめられています。

日本遊技関連事業協会によれパチンコ遊技人口は

平成7年の3000万人をピークに現在1000万人前後まで激減しています。
店舗数も1万8000店をピークに20年連続で減少し
平成27年末、1万1000店まで実に7000店が潰れています

生き残りをかけたパチンコ屋はあの手この手で
お客から搾り取る方法を仕掛けてきます。

パチンコ屋の思惑を見抜き、勝つ勝率を上げるために
全国のパチンコ屋で共通する「行ってはいけないパチンコ屋」
「パチンコ屋に行ってはいけない日」を紹介します。

ちなみにネットでの反応はこのような反応がありました。

・勝率上がる下がるよりパチ屋には近づかない方が良い。
ユーチューブで稼働動画見てるだけで十分楽しめる。

・結局悪いのは打つ本人。
店は奉仕活動してるわけじゃなくてあくまでビジネス。客のために出してあげる必要はない。
店が出す気なくても平気で行く馬鹿な養分が多いから店は出さないんじゃない?

・今回の規制はいよいよパチンコ業界の終わりの始まりか?
朝鮮人経営者達の駆逐の始まり。

 

行ってはいけないパチンコ屋の特徴

次ページへ続きます

関連記事