フィリピンの電車メンテナンスを三菱重工から韓国企業にして重大な故障多発…韓国断交へ動き出す事態に…

マニラのケソンシティとパサイシティを結ぶ鉄道、
MRT-3の故障が多く乗客を降ろす重大な故障が頻発しており、
正常運転を行うのは不可能な状態にまで劣化している…

怒りのフィリピン政府は韓国断交へ動き出す事態に発展している。

電車のメンテナンスを韓国企業にした途端、ボロボロ廃車寸前に

ピーク時に運行本数を減らし、
速度制限(時速40〜60→20kmへ)を行い、
長蛇の列ができた。

代替バス80台を用意し、朝夕のピーク時
(7時〜8時、17時〜19時)の利用を呼びかけた。

電車の車両、線路両方に劣化があり、通常の速度で運行した場合、
脱線の重大事故に繋がる恐れがある。

利用者からはメンテナンスを行う韓国の企業連合への非難
が大きくなっている。

この路線は三菱重工や住友商事が建設に携わり
2012年10月までは三菱重工交通機器エンジニアリング
フィリピン法人がメンテナンスを行なっており
正常に運行されていた。

現在は韓国の企業連合がメンテナンスを行なっており
電車の運行に大きな支障が出ている。

昨年は586回重大な故障が起きており
価格の安さで韓国の企業連合を選択したことのミスが指摘され
契約の見直しを検討している。

韓国の鉄道事情に詳しい専門家は

韓国の鉄道技術は世界的に評価が低く信頼性は皆無です
韓国国内でも空港とソウルを結ぶ新線で故障が相次ぎました。
韓国系企業に入札を許可すること自体が間違いです。」

と話す。

そして、韓国では鉄道の技術不足だけでなく
鉄道会社の怠慢も大きな問題になっている。
引用:http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=4281&&country=12&&p=2

ガムテープで固定するだけの補修も判明

次ページへ続きます

関連記事