日航機事故・機長の娘が思いを語る…父から受け継いだ強い信念に胸が熱くなる…

日航機事故・機長の娘が思いを語る
父から受け継いだ強い信念に胸が熱くなる…
520人が亡くなった日航ジャンボ機墜落事故から
30年以上経ちました。

墜落した飛行機の機長の娘が事故の遺族でありながら
機長の家族という複雑な思いを語りました。

日航機事故・機長の娘が思いを語る

「唯一、コックピットの中にいる父ってこの写真しかないんですよね。
なので、こんなボロボロになってしまったんですが」(機長の長女・高濱洋子さん)

色褪せた1枚の写真。
写っているのは墜落した日航機の機長だった高濱雅己(当時・49歳)。

「123便、アンコントローラブル(操縦不能)」

「これはダメかもわからんね。」(機長)

「父は機長だったのでご遺族の方に対して
私たちも遺族ですということは思っていません。」

1985年8月12日、
群馬県の御巣鷹の尾根に日本航空のジャンボ機が墜落
520人が犠牲になりました。

洋子さんは今、
父と同じ日本航空の客室乗務員として働いています

「父の代わりに空の安全を守っていきたい。
そういう思いでCA(客室乗務員)になりました。

日本航空に入社したのは事故の3年後。
父の思いを引き継ぎたかったと言います。

飛行機の着陸前、洋子さんはいつも左胸に手を当てます。
ポケットに入っているのは父がつけていた4本線の機長の印。

「これを持っていることで父が必ず守ってくれるだろうと」

パイロットの父と客室乗務員の母との間に生まれ育った洋子さん。

事故の前夜、家族のアルバムをじっくり見る父の姿を見たと言います。

「そういう父の姿は初めてだったのでとても印象に残っています。」

そして、事故当日、何気なく交わした一言が父との最後の会話となりました。

「まさかその時、事故にあうとは思っていなかったので
『行ってきます、じゃあね』と言って、私は家を出ました。」

ボイスレコーダーの肉声

次ページへ続きます

関連記事