コードブルー浅利陽介にプロデューサー激怒の理由・・・

浅利 陽介(あさり ようすけ、1987年8月14日 – )は、日本の俳優。東京都出身。ビーコン・ラボエンターテイメント所属。
浅利陽介

幼い頃から手拍子に合わせて踊ったり、チャップリンの映画を好んで見ていた姿を見た両親が劇団東俳に入団させ、4歳でCMでデビューし、以降子役として活動する。その後、ビーコン・ラボ エンターテインメントへ移籍。
1999年、連続テレビ小説『あすか』でヒロインの相手(速田俊作=ハカセ)役の少年時代を、2000年には『永遠の仔』ではメインの登場人物であるジラフの少年時代を演じるなど、子供の頃からドラマなどで活躍。
2001年、『キッズ・ウォー3』で不良少年の一平役で出演し注目される
浅利にとって飛躍のきっかけになったのが、2008年にスタートした『コードブルー』である。
「二十歳になって、転機になった作品ですね。役者としても様々なことを学びました。受けるだけじゃだめだ、と。自分からも演出をして、プランを発信していかなくちゃ、と気付かされましたね。
泣かなきゃ終わらないだとか、面白くないとカットされるだとか、厳しい世界を初めて知った作品だったので、役者としても人としても成長でき、強くなれました」と後に振り返っている。
2015年12月17日、大正大学時代の同級生の一般人女性と結婚したことを報告
wiki

【ドラマ】<コード・ブルー>浅利陽介にプロデューサー激怒!ラストシーンで大失態…

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1508053575/

15日に放送されたフジテレビ系「ウチくる!?」(毎週日曜ひる12時~)に俳優の浅利陽介が出演。「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」(同系)の最終話のラストシーンで自ら起こした大事件を告白した。

次ページへ続きます

関連記事