反日教育を受けた韓国人女性が見た日本の現実…日本への帰化を選んだ信念に称賛の嵐…

日帝時代を頑迷に反省しない日本人

それは許さないという反日意識を強く持っていた韓国人
どこへ行っても優しく親切な日本人
どこへ行っても整然として綺麗な日本の街並みに触れて
何か肩透かしをくわされた感じがあった。

今回はそんな反日教育を受けた韓国人女性が見た日本の現実を紹介します。


戦後、最も頑固な反日教育を受けた反日世代と言われた私の世代は
日本といえば悪魔の国と答えるほどだったから

「日本人が良い人たちであるはずがない」

という強い先入観を持っていました。

これが東京経由のアメリカ留学の計画で来日した
27歳の韓国人女性・呉善花さんの日本での第一印象であった。

昭和58年7月に留学生ビザで来日した呉善花さんは
東京の北区十条の友人アパートに同居し、
そこから日本語学校に通い始めた。

ソウルでは間借り生活で台所やトイレも共用だったが
ここでは全て自前でさらに友達が冷蔵庫、洗濯機、テレビ、電話まで
揃えていたのにびっくりした。

白米のご飯の美味しさにも感動した。

韓国で白米を食べられるようになったのは
1988年のソウルオリンピックの頃からです。

それまでは一般の家庭では白米に粟や麦を混ぜて食べていた。

学校へ持っていく弁当でも
100%白米のご飯は贅沢だというので禁止されていた。

そんなある日、近所のお米屋さんでお米を一袋買って炊いてみると
パサパサとしてまるで美味しくない。

不思議に思って店で聞いてみると三分付きのほとんど玄米と同じ
健康食品の米を間違って買ってしまったとわかった。

店のご主人は呉さんが間違って買ったお米を
普通のお米に取り替えてくれて
差額だけを支払ってくださいと言う。

なんて良心的なんだろうと呉さんは思った。

ソウルでは1万ウォン札を渡したのに
5000ウォンだったと店の人がごまかして喧嘩になったことが何度かある

日本ではそんなことは絶対にない。
日本人は良心的だ。と言う噂が留学生たちの間に流れていく

来日した当初は親切な人が多い、秩序が安定している、
街が綺麗、豊かな生活物資が満ち溢れている
など、とにかく良い所ばかりが目についた

特に呉さんの心を打ったのは海と山が間近に接近した
独特の地形が織りなす自然の美しさだった。

東京の祖母に誘われて伊豆の東海岸を旅行した時には
その風景の美しさにすっかり魅了された。

これほど海と山と人の生活が溶け合った光景は
韓国ではほとんど見られない。

海と山は平野によって遠くに隔てられている。
そんな大陸的な風景が韓国のものである。

旅先で出会った地元の人々からは
風景そのままの率直な温かさが伝わってくる。

都会でも山の緑が家々のすぐ近くまで張り出している。
それなのに人々はさらに自宅の庭に草木を植える。

韓国では人々が暮らす村里に緑があると
動くのに邪魔になるという感覚が昔からある。

庭に草木を植える家はかなり上流階級に限られていた

しかし、日本では普通の人でも普段の生活の中で緑を慈しむのだという。
そんな違いにも驚きだった。

急に怒り出した八百屋さん

次ページへ続きます

関連記事