【※法改正希望※】オウム真理教のトップ・麻原彰晃こと松本智津夫タヒ刑囚のタヒ刑が執行されない3つの理由…※税金の無駄使いで終わるんやろな※

オウム真理教の元代表、麻原彰晃(松本智津夫)
2006年9月15日に最高裁が特別抗告を棄却し、死刑確定しました。

しかし、2017年の現在も東京拘置所に在監中です。

今回はオウム真理教のトップ・麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚の死刑が
執行されない3つの理由を紹介します。

オウム真理教のトップ・麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚とは

日本で発生したテロ事件で
最も多くの犠牲者を出した地下鉄サリン事件

その首謀者であり過去に約11400人もの信者がいた
オウム真理教のトップの麻原彰晃こと、松本智津夫は2017年現在、
死刑囚として東京拘置所に収監されています。

1995年に発生した地下鉄サリン事件から
11年後の2006年に死刑が確定してから
すでに10年の時が経過しているにも関わらず
未だに死刑が執行されないことに多くの人が憤りを感じています。

あれだけの事件を引き起こし、冤罪の可能性もないのであれば
すぐにでも死刑が執行されても不思議ではないが、
まだ刑が執行されたという情報はありません。

なぜ松本死刑囚の刑は執行されないのか。
その理由は大きく分けて3つあるようです。

松本智津夫死刑囚の刑が執行されない3つの理由

次ページへ続きます

関連記事