【極悪】名古屋闇サイト刹人事件の真実…タヒ刑でも生ぬるい事件だった…

名古屋闇サイト殺人事件は2007年に起きた
面識がなかった男3人がインターネットサイト上の
闇の職業安定所を通じて知り合い、犯行に及んだことから、
犯罪請負などの情報があふれる「闇サイト」が当時、社会問題となった事件です。

今回はそんな名古屋闇サイト殺人事件の真実を紹介します。
名古屋市で起きた「闇サイト殺人事件」の
神田司死刑囚の死刑を執行しました。

神田死刑囚は2007年、携帯電話の闇サイトで知り合った男2人とともに、
名古屋市で磯谷利恵さん(当時31)を拉致して殺害した強盗殺人などの罪に問われ、
2009年、一審の名古屋地裁で死刑判決を受けました。

その後、自ら控訴を取り下げ、死刑が確定。
共犯の男2人は無期懲役が確定しています。

死刑の執行は上川法務大臣の下では初めてです。

闇サイト殺人事件とは

次ページへ続きます

関連記事