【※甘いものも要注意※】18歳の若者男性が痛風になった食事…こんな食生活は危険…

痛風と聞くと中高年のお父さん方がなる病気という
イメージを皆さんお持ちだと思います。

しかし、実は10代や20代といった若い人もかかる病気なのです。
18歳にして痛風にかかったという男性の例を紹介します。

 

ある日突然痛風になった18歳男性

男性はごく普通の健康的な若者。
太っている訳でもなく、血圧・血糖値等に異常はありません。

気になることと言えば最近筋トレを頑張っているということぐらい。

彼が言うにはある日、右足の膝が少し痛いと感じました。
その時は

「筋トレのやり過ぎかな?」

ぐらいにしか思わず、そのまま就寝しました。

次の日、痛みは引く所かどんどんと増して行き、
膝から始まった痛みは親指にまで達し、
ついには足を引きずらないと歩けないほどの激しい痛みとなりました。

痛い足を引きずりながらなんとか病院へ駆け込み、
診察を受けることとなりました。

筋トレをがんばっていたことから
それが原因じゃないかと医者に告げましたが、
足を見るなり医者は即答します。

「ああ、これ痛風ですね」

痛風は肥満気味の中高年がなるイメージが強いですが、
食生活に問題が有れば若い人でもなるのだと医者は言います

 

痛風になった原因

次ページへ続きます

関連記事