【悲報】紅蘭、2型糖尿病に近い病気で通院…その原因がなんと… ※ほどよくダラダラ生きるのがええな

紅蘭(くらん、1989年8月30日 – )は、日本の女性ダンサー。本名、草刈 紅蘭(くさかり くらん)。
o032003851463543733126
東京都出身。バービィオフィス所属。

 

父親は、俳優の草刈正雄、母親は、元モデルの大塚悦子、弟は、元ズットズレテルズのドカットカット、妹は、女優の草刈麻有。父親がハーフのため、本人はクォーターである。
aifigksk002 

yh6zddej

名付け親は、生まれた当時父がお世話になっていた女性のボイストレーナーで、井上靖の小説『蒼き狼』に登場する忽蘭(クラン)に由来し、字の画数も判断したうえで『紅蘭』の字を当てられた。なお、弟、妹(草刈麻有)の名付け親もこのボイストレーナーであるという

 

いま芸能界で活動している理由は「自分がテレビに出て、日本に刺激を与えたいから」で、「自分がやりたいことを何があってもやるべきだし、紅蘭みたいにバカなこと言う人間でも、人生幸せになれることを見せたい。それがテレビに出てる理由だけど、本当に嫌になったらすぐ辞める」と強い意志を持っている

 

デビュー当時は本名で活動していたが、『有吉反省会』(日本テレビ系)において、反省の禊として、「草刈を名乗らない事」とMCの有吉弘行に言われ、それ以降、紅蘭と名乗り、活動する事になる。

 

wiki
糖尿病(とうにょうびょう、拉,独,英:diabetes mellitus)は、血糖値(血液中のグルコース(ブドウ糖)濃度)が病的に高い状態をさす病名である。東洋医学では消渇と呼ばれる。なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。
image_3_3
ひとことに血糖値が高いと言っても、無症状の状態から、著しいのどの渇き・大量の尿を排泄する状態、さらには意識障害、昏睡に至るまで様々であるが、これらをすべてまとめて、血糖値やヘモグロビンA1c値が一定の基準を超えている場合を糖尿病という。糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、眼、腎臓を含む体中の様々な臓器に重大な障害(糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症の微小血管障害)を及ぼす可能性があり、糖尿病治療の主な目的はそれら合併症を防ぐことにある。
先進国において、糖尿病は10大(あるいは5大)疾病となっており、他の国でもその影響は増加しつつある。米国を例にとると、北米における糖尿病比率は、少なくともここ20年間は増加を続けている。2005年には、米国だけでおよそ2,080万人の糖尿病患者がいた。全米糖尿病協会によると、620万人の人々がまだ診断を受けておらず、糖尿病予備軍は4,100万人にまで及ぶ。 2012年時点の全世界での糖尿病罹患率は8.3%であり、日本では5.1%である
まずは食餌療法と運動療法が行われる。炭水化物とアルコール摂取、食事パターンを改善する。糖尿病患者向けに開発された食品の利用も推奨される。 これによって血糖値が正常化するならそれで問題はない。食事療法、運動療法で血糖値が正常化しない、もしくは最初から血糖値が高くてこれらの治療だけでは不十分と考えられるなら経口血糖降下薬あるいはGLP-1受容体作動薬を使用する
経口血糖降下薬あるいはGLP-1受容体作動薬でも血糖値が正常化しないならインスリン自己注射を開始する。ただし、経口血糖降下剤を経由せず、当初からインスリン自己注射を行うという考え方も存在する。袖状胃切除術や十二指腸スイッチといった外科手術により、肥満や2型糖尿病を治療することもある
treatment_006

wiki

次ページへ続きます

関連記事