【衝撃事実】寿司屋の湯飲みがデカい理由wwwwwwww※(理由はワンオペにあった) なるほど、そういうこと…

【社会り】寿司屋の湯飲みはなぜあんなにデカいのか(理由はワンオペにあった) なるほど、そういうこと…

引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1512283400/

1: 2017/12/03(日) 15:43:20.73 ID:CAP_USER9

簡単なものでは、鯵、鰻、鰹、鮭、難しいものになると鱚、鰍、鮗などなど……。魚偏の漢字がびっしりと書かれた湯飲みは、誰しも一度は目にしたことがある、寿司屋の“定番”だ。それにしても、この寿司屋の湯飲み、家で使うものや他の飲食店などと比べていささか大きく感じないだろうか。大人はともかく、子供が使うには両手じゃないと持てないほど、重厚なつくりとなっている。この理由は諸説あるが、いずれも寿司が誕生した江戸時代にまで遡る。

江戸時代後期の文政年間、江戸の地で考案されたといわれている「握り寿司」。すでに鯖寿司や鱒寿司などの「押し寿司」は主に上方で広まってはいた。一方で、江戸前、すなわち現在の東京湾で獲れる豊富な魚介類と海苔を使用した握り寿司は、手軽にサッと食べられることから、粋な食べ物としてすぐに江戸っ子たちの人気を集めていく。ただ、この当時は店舗型の寿司屋はまだ少なく、屋台という形がほとんど。そのため、握り、お茶くみ、会計といった仕事すべてを店主一人で回すのが基本だった。実はこのために、湯飲みが大きくなったという。

というのも、寿司屋の店主たちはあまりの多忙ぶりに、今ならば当然出てくるおしぼりも、洗濯する手間が惜しいからと、当時は用意しなかったという。では、客は手づかみで寿司を食べた後、米粒などで汚れた手をどうしたのか。なんと店主は、食後にお茶の入った湯飲みに手を突っ込んで洗うよう、客に提案した。一見、汚いように思えるが、仕事を少しでも減らそうと努力した彼らの画期的なアイデアだったといえる。こうして湯飲みは、手を洗いやすいように少しずつ大きくなっていき、今のような形に定着したのだ。

ちなみに、客は湯飲みで洗った手をどうしたのか、といえば、その屋台の暖簾で拭いて帰ったという。江戸っ子たちが、どこが美味しい寿司を出す繁盛店かを見極めるのに、暖簾の汚れに注目していたという話があるのも、このためだ。(栗)

http://news.livedoor.com/article/detail/13976457/

 

フィンガーボウルみたいなもんか

 

寿司屋の湯飲みは全部、鱸とか鰊とかの魚の漢字がいっぱい書いてあるヤツがいい

p2

言うほどデカい印象ないんだが

 

箸で食えばいいのに

 

本来スシは手で食うものだからな
つまんでネタの側を舌に載せる
シャリが上
箸だとなかなかできないだろう

 

これはよく聞く話だけど
すごく不衛生

 

なあに、かえって免疫になる

 

寿司屋のお茶って普通のお茶よりおいしい気がする

 

寿司屋の湯呑みってこれか
no title

 

ちーがーうーだーろ、違うだろ!

 

日本は何でも小さくする傾向なのに

 

家では
お寿司屋さん用のデカいやつを愛用してる

 

トンデモネタじゃねえか馬鹿野郎!

 

お茶出さなきゃいいやんw

24286958

寿司屋湯呑み欲しくなった

 

諸説あるとか言っておいて断定すんなよ

 

汚れた暖簾で手拭いたら汚れるじゃん

 

いまの回転寿司は手洗う蛇口がついてるから便利だよな
ちょっとお湯が熱すぎる気がするけど

 

リアルでやったことがある。
本当にヤバかった。

 

連れと回転寿司行く度に、それで消毒するように勧めてる

 

うちの暖簾を汚しやがって、ありがとよ!
こうですか?

 

粉茶を使うのはなぜなんだろ

 

粉っぽくして何杯もおかわりさせないため

 

んなアホな
ちょっと減ったらすぐおかわり持ってくるじゃん
向こうから

 

粉茶は後味さっぱりで寿司の油が残らない
あと抽出時間が早い
ワンオペ向きなのよ

 

夏冬に暖簾を変えるのは良い店

 

ああ、江戸時代の握り寿司は
屋台で販売していたしな

 

まぁ、きちんと洗っているのであれば、茶は茶で呑んだ後、そのまま指を洗ってもいいが、
カウンターに指を洗う水を流している店とかあるよね

 

鮨食べた後すぐ熱々のお茶で流し込むのが一番うまくないか
醤油とお茶が混ざり合い

124464270868516320019

伝統って今の感覚で見ると気持ち悪いの多いからな・・・

関連記事