【悲報】青山テルマ、売れなくなった後にエグイ仕打ちを受けていた・・・自ら味わったレコード会社の露骨な対応を暴露!

【音楽】<青山テルマ>自ら味わったレコード会社の露骨な対応を暴露!体験した音楽業界の手のひら返し「売れなくなると露骨」

青山 テルマ(あおやま テルマ、1987年10月27日 – )は、日本の女性歌手。奈良県大和高田市出身。2012年3月26日、上智大学国際教養学部(旧比較文化学部)卒業。身長161cm。

_____

トリニダード・トバゴ人と日本人のクォーター(父方の祖父がトリニダード・トバゴ人)。

 

小学6年生まで奈良に住み、大阪のインターナショナルスクールまで往復4時間かけて通っていた。3歳の頃にジャネット・ジャクソン「リズムネイション」のPVに興味を示す。10歳の頃に歌う楽しさに目覚め、ゴスペルを習い始める。12歳で家族とともにアメリカのロサンゼルスへ移住、その後、数年間をアメリカですごす。2002年夏、日本に一時帰国。

 

その際に音楽関係者から声をかけられた事をきっかけに日本でのメジャーデビューを夢見るようになり、冬に帰国。拠点を東京に移し、調布市のインターナショナル・ハイスクールに通いながらボイストレーニングを始める

 

2007年9月5日にシングル「ONE WAY」でメジャーデビュー。オリコン最高98位とヒットしなかったが、その年にフィーチャリングゲストとして参加したSoulJaのシングル「ここにいるよ feat.青山テルマ」のヒットを機に、知名度が急上昇する

 

2008年、第59回NHK紅白歌合戦に出場。

 

wiki

次ページへ続きます

関連記事