【悲報】フジテレビが貴乃花を悪者にする本当の理由・・・なんか妙に納得した。 こんな事情あるのか。

【テレビ】フジテレビが貴乃花を悪者にして相撲協会を擁護する本当の理由 長引けば2011年の悪夢(損害額1億円超)の再来

 

暴行問題で揺れる日本相撲協会は20日、関係者の処分を発表した。これを受けて今後マスコミは、貴乃花親方と協会の対立を集中して報道することだろう。テレビでは連日、相撲協会の旧態依然とした特異な体質と、白鵬の荒い取り組みを取り上げてきたが、フジテレビだけは他社とは事情が違う。

フジテレビ朝の情報番組『特ダネ!』と午後の『グッディ』は司会者の小倉智昭氏と安藤優子氏がどちらも「貴乃花の対応が悪い」「協会を振り回している」と批判し、問題が長期化することを懸念するような発言を繰り返し、その責任を貴乃花親方に押し付けている。

それもそのはず、フジテレビで長年情報番組を請け負うこの二人は“事情”がよくわかっているのだ。その事情とは、毎年2月に開催される「日本大相撲トーナメント」をフジテレビが主催しており、2011年は八百長問題が直前に発覚し中止になっているからだ。

同じフジテレビでも坂上忍氏が司会をする『バイキング』、また『グッディ』にコメンテーターで出演するカンニング竹山氏は貴乃花親方の姿勢に理解を示している。しかし、小倉智昭氏と安藤優子氏はフジテレビと相撲協会の関係性をよく理解しているので、2月の相撲トーナメントまでに暴行問題を解決することに躍起になっているのだ。小倉智昭氏に関しては中止の翌年、2012年に相撲トーナメントの中継でナビゲーターを務めている人物だ。この両者がたびたび口にした「組織の人間で理事なんだから」という言葉の意味は、こういったビジネス関係を忖度して内々に示談して早期解決するべきだという意味だったのだろう。

長年に渡りフジテレビで報道・情報番組に関わってきた二人にとって、2011年の大会中止は悪夢として記憶に残っているはずだ。当時、フジテレビが負った損害は1億円以上と言われており、それでなくとも視聴率低迷で苦しむフジテレビにとっては死活問題だ。

2011年大会の中止に至る経緯
no title

http://ksl-live.com/blog12789

次ページへ続きます

関連記事