【悲報】貴乃花親方、醜態をさらしてしまう・・・なんで会議の様子が外部のマスコミに漏れてるんですかねえ・・・ 誰が漏らしたんですかねえ・・・(画像あり)

【ゲンダイ】「別に」連発、居眠り疑惑…貴乃花親方が理事会でさらした醜態

「他人事としか思っていないのか、まるで自覚がないのか……。ちょっとフツーじゃありませんでしたよ」ある親方がこう話す。

20日に行われた相撲協会の臨時理事会。暴行事件の関係者に処分が下るとあって、被害者の貴ノ岩(27)の師匠である貴乃花親方(45)の言動に注目が集まった。これまで「何を言われようが弟子を守る」と言い続けてきた。加害者の日馬富士をはじめ、暴行現場に同席していた白鵬、鶴竜への怒りはすさまじいだろうし、沈黙を守ってきた理由や言いたいことを言って当然と、だれもが思った。ところが、だ。貴乃花親方は白鵬らの処分や理事の発言を気にするどころか、積極的に発言するわけでもない。あろうことか「居眠り」をしていた疑いもある。

冒頭の親方が言う。
「出席した理事たちも貴乃花親方の様子をかなり気にしていた。それが予想に反して、やけに静かだなと思っていたら、いつの間にか両目をつぶっていたというんだな。実際に寝ていたかどうかはわからないが、集中してないというか、話をきちんと聞いている様子はなかったらしい。八角理事長が貴乃花親方に質問した途端、慌てていたそうだからね。何を聞かれても『いや、別にないです』とか『特に』といった調子。今後の再発防止策に関して理事がひとりずつ意見を求められた際も『別にないです』だったというから、とてもじゃないが真剣に考えているとは思えない。理事会後、出席した理事たちは口々に『アイツ、寝てたぞ』『理事長に名前を呼ばれて飛び起きたんだろう』と話していたと聞いた」

居眠りが疑惑か真実かはともあれ、貴乃花親方が心ここにあらずだったことは疑いようがない。貴乃花親方は「大義」や「改革」といった言葉を好む。支援者に宛てたメールには「角道を取り戻すことのみ、私の大義であり大道であります」などとつづっているという。しかし、いくら大層な言葉を並べたところで、本当に中身はあるのかとクビをかしげたくもなる。少なくとも協会の今後を左右する理事会でボンヤリしながら、「角道を取り戻す」も何もないだろう。まして、この日は弟子の貴ノ岩の救済策も議題に上った。それすらも関心がないというのであれば、親方としての資質そのものまで疑いたくもなるのだ。

貴乃花親方の処分は28日の理事会で決まる。危機管理委員会はそれまでに貴乃花親方を聴取。責任の有無を含め、理事会で処分を下すことになった。

12/22(金) 9:26配信 日刊ゲンダイDIGITAL

「他人事としか思っていないのか、まるで自覚がないのか……。ちょっとフツーじゃありま - Yahoo!ニュース(日刊ゲンダイDIGITAL)

画像 「別に」を連発した貴乃花親方(C)日刊ゲンダイ
no title

>>2に続く

次ページへ続きます

関連記事